動体視力を鍛える方法

卓球と動体視力の関係

   

動体視力を鍛えるのが効果的なスポーツとして卓球が挙げられます。

卓球と動体視力

動体視力が良いと卓球の上達に有利な事は間違いありません。

卓球というスポーツは2から3メートルの至近距離から100キロと超すスピードでボールが飛んでくるスポーツです。そのボールを返球するためには反射神経はもちろんですが、動体視力は重要な要素であることは間違いありません。

オリンピックの出場選手は全種目の選手が動体視力のテストを行うのですが、実に1位・3位・4位が卓球選手だったというデータがあります。

テレビではボクシング選手の動体視力の良さを取り上げられるのですが、卓球は、それよりはるかに高い動体視力が求められるのです。

動体視力の良い人は、電車が走っている車内から電柱に張ってあるポスターが見えたり、新幹線の車内から通過する駅名がはっきりと見えるらしいのです。スゴイ能力なのですね。

 

動体視力は卓球にどの様な影響を与えるのでしょうか?

動体視力は守備力に大きな影響を与える様です。

オリンピックで動体視力の良かった選手たちは、ブロックが武器の選手、カットが武器の選手の様です。逆に攻撃的な選手はそんなに動体視力が優れている選手でもないようです。

卓球の代表選手と言えば、水谷選手が有名ですが、水谷選手の鉄壁の守りと守備力は予測能力と動体視力の両方が良いからなのかもしれませんね。

 

動体視力強化メガネ

 世界初の動体視力トレーニングメガネ『Visionup』

レンズの点滅で見難い状態をつくることで、集中力や見るチカラを向上し、 パファーマンスをアップするトレーニングメガネ『Visionup』

目を鍛えてイチロー選手のようになりたくても効果的な方法が無い中、夢のようなメガネが完成しました。

 - 動体視力