動体視力を鍛える方法

野球選手と動体視力の関係

   

スポーツ選手の中でも野球の選手、特にバッターにとって動体視力は大事な能力の一つです。

優秀なバッターはボールが止まって見えます。

イチローにしても、昔の巨人時代の王選手にしても、長島にしても、優秀なバッターはボールが止まって見えた。ボールの縫い目が見えていたという話を聞いたことがあると思います。

その理由は、優秀なバッターは視力は普通でも、動体視力がすぐれているという事なのです。

視力は、止まっているボールをどれだけはっきり見る事ができるのかですが、動体視力は自分の向かってくるボールをどれだけ捉えられるかという力です。

野球選手、特にバッターの動体視力が弱いのは致命的です。

若い頃は活躍していたプロ野球の選手も30代で引退する選手もいますし、50代近くまで活躍できるバッター選手もいます。

この違いは何なのでしょうか。

身体能力が強くても動体視力が弱くなってしまう事により、速球をバットで捕らえる事ができず成績が急に下がり、引退の道を歩まざるおえなくなるのです。

イチロー選手の様に動体視力の強い選手は、50歳近くまでボールをバットの芯でとらえる事ができます。

イチロー選手の場合は、子供のころから動いてくる車のナンバーを読む練習をしていたり、バッティングセンターで超高速のボールをみる練習をしていたと言う伝説がありますが、このような努力のおかげで、いまでも現役で大リーガーを続けられているのですね。

この結果を見ても、いかに動体視力の強化が野球のバッターにとってボールを捕らえるのに必要なのかが分かると思います。

動体視力は今では便利なグッズを利用する事により鍛える事ができます。

プロ野球でも利用されていますよね。

 

 

動体視力強化メガネ

 世界初の動体視力トレーニングメガネ『Visionup』

レンズの点滅で見難い状態をつくることで、集中力や見るチカラを向上し、 パファーマンスをアップするトレーニングメガネ『Visionup』

目を鍛えてイチロー選手のようになりたくても効果的な方法が無い中、夢のようなメガネが完成しました。

 - 動体視力